勘違いされることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

天然の歯や歯根を利用して、残った歯などを支えに金属の土台を埋め込みます。

当たり前ですが、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。

それとは逆に、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーと呼ばれる人工の歯根を挿入させます、自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても高額な治療費をご心配でしょうが、ほぼインプラント治療は全部が自費です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかりもしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にも影響を及ばすでしょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにもどのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、手術の後、麻酔の切れた後あご周りの痛みやが続くといった身体に関する問題、見てわかる問題もあります。

こう言った危険をできるだけ軽減るために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがと考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎に炎症を起こしてしまうし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の汚れ鵜を落としてくださいそうしたことを踏まえて、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらいましょう。

避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用がかかることは確かです。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

オール自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。

人工歯根と上部構造物(義歯)を接続させるパーツをアバットメントと呼びます。

インプラントは、一種類だけではなく、それどれの部品の接続形態によって複数のタイプにわけるることができます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一つの形になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、あとこれらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、大方はこのスタイルです。

この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形状によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。

こんにちではインターナルが主流だそうです。

人工歯としてのインプラントは本物の歯に近い感覚で噛めるので、ガムを噛む楽しみをもう一度取り戻せたのもインプラントのメリットです。

自分の歯に繋がっているとはいえ人工歯をかぶせたものではなく、インプラントはどれほどガムを噛んでも平気なほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

硬さのあるキシリトールガムも、楽しめます。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、始めにアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を取り付けるものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の優れたセンスと技法がすべてといっても過言ではありません。

優れた人材が手間暇かけた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。